はじめに

はじまめして。ちえと申します。 綺麗になりたい願望が強すぎていろんな美容方法を試して日々綺麗を目指しています(`・ω・´) インターネット等を使って調べたこと、自分の肌を見つめて分かったことをつらつら書き綴ってます。 モットーは安く綺麗に!! ご注意 ちえはノンケミ信者ではありません。出来る限りケミカルな商品は使わないように気をつけていますが、手間と効率を考えてどうしたって使わざるを得ない時もあると考えていますので…。その点のみご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MMU】酸化チタンについて

ミネラルファンデを選ぶ際に重要になってくる酸化チタンの扱い。酸化チタンはそのままむき出しで使うと余計に日焼けするからコーティングが必要とのことなんですが、これついて実はよく分かってなんです…><
と、言うわけでまたまた調べました!簡単にまとめたので参考にドゾ~^^


1、酸化チタンとは
白色顔料や紫外線吸収料としてペンキ、化粧品などの原料に使われています。主にミネラルファンデや日焼け止めで名前が出てくることが多いと思います。

2、酸化チタンは肌を酸化させる
酸化チタンは紫外線が当たると、紫外線を吸収しますが、(吸収した紫外線のエネルギーにより)内部から電子が飛び出してきて、それが空気中の酸素や湿気と反応することで活性酸素を生み出します。これを光触媒効果と呼びます。つまり酸化チタンは紫外線を吸収し(この紫外線防止効果を日焼け止めに利用してます)、紫外線を吸収した分だけ周りの電子を奪い酸化させるということです。
また、粒子が小さいほど活性が高まるので、ナノ粒子の酸化チタンには要注意!
ちなみに紫外線防止効果がある金属は半導体と呼ばれるものに限られるようです。これらは紫外線を吸収する代わりに表面から電子を放出して周りのものを酸化させてしまいますが、だからと言って日焼け止めを使わない方がよっぽど肌に悪影響を及ぼすので、酸化チタンは必要悪なのです。

3、酸化チタンの種類
1工業原料用のアナターゼ型
2化粧品用のルチル型


ルチル型はアナターゼに比べ活性度が低いです。
ナノ粒子でなくマイクロ粒子だとコーティングがなくても肌を錆びさせるような働きは、そこまでないようです。だからといって活性酵素を生成しないというわけではないのでやはりコーティングをしてあるほうが安心ですね。

4、酸化チタンのコーティング
2で書いたとおり、酸化チタンはほっておくと肌を酸化させてしまう働きがあるので、表面をコーティングし活性酵素の生成を抑える必要があります。特にナノ粒子は活性酵素の放出が多いのでコーティングしてあるものを選ぶことをお勧めします。

コーティングの用途としては大きく3つに分かれます。
1使用感の良さを出すため
2ウォータープルーフのため
3活性酵素の生成を抑えるため


酸化チタン(と酸化亜鉛)のコーティングに使われるもの
合成ポリマー、 アミノ酸系、フッ素、リピジュア(水溶性合成ポリマー)、レシチン、グリセリン、水酸化アルミニウム、アルミナ、シリカなどなど…

名前からしてこれは…^^;っていう合成ポリマーですが、残念ながらほとんどのコーティング剤は合成ポリマーが使われてます…。平たく言うとシリコンです。もっとくだいて言うとウォータープルーフ効果を出すのに使われるので、強いクレンジングが必要になります。


う~~~ん奥が深い…。簡単にまとめると、酸化チタンは紫外線に当たると肌を酸化させる→酸化チタンをコーティングをしてあると明記してある商品を選ぼう+粒子はナノ粒子になっていない商品ってことですね。

私の愛用etovsは…



↑こちらにしっかりコーティングをしてある旨とコーティングに使われてる成分も書かれてました。
あと非ナノ粒子ということも書いてあります~^^

もちろんトゥヴェールさんもコーティング+非ナノ粒子のミネラルファンデ!



↑個人的にトゥヴェールさんのコーティングの有無についての回答がとてもわかりやすかったので上記の私の説明で意味分からん!ってとこがあったらこちらを参考にされるといいと思いますm(__)m

ところで…



オンリーミネラルさん…、超微粒子って表記されてますがもしかしてナノ粒子!!??!^^;
ここはカラーバリエーションが豊富でさらにケースが超可愛い!!!!ので是非とも試してみたいのですが、手が出せないw
スポンサーサイト

【MMU】ミネラルファンデとは

私が角質培養に出会う前に使ってたファンデが切れてしまったので、新たにファンデを購入するにあたって、どんなファンデが角質培養に向いているか調べたところ…ミネラルファンデがいいとのこと。
と、いうわけでミネラルファンデについてざっと調べたことをメモメモ( ..)φ


1、ミネラルファンデーション(MMU=Mineral Make Up)とは…
天然のミネラルを原料とした自然派ファンデーション。油分や防腐剤などの添加物を使用していないため、お肌に負担が少ない、といわれています。手術や火傷あとの残る方にも使えるように、医師によって開発されたものでお肌にやさしいという魔法のようなファンデーション。ノンケミのファンデと言ったらまず最初に出てくるのがミネラルファンデが挙がります笑

ミネラルファンデはいろんなメーカが出しており沢山種類があります。海外コスメだとメイベリン、ロリアル、レブロン、mac、ボディショップ、エスティーローダー等々。有名どころだとベアミネラル、日本のミネラルファンデだとオンリーミネラルやピュアミネラルのヤーマン、etvosです。ミネラルファンデで検索をかけるとだいたいこのファンデたちが上位に出てきます笑

2、ミネラルファンデのメリット
@つけたままでも寝れるほど肌への刺激が弱い(勿論そんなことはいってもちゃんと落として寝ましょう笑)
@石鹸で落とせる
@余計な添加物が入ってない(メーカーによってはなんちゃってMMUがあるので要注意)
@化粧崩れがない(一般のファンデだと毛穴をシリコンで埋めてしまうので、午後に毛穴に押し込められてた油がドバっと出る化粧崩れが起きてしまうのです)

3、ミネラルファンデのデメリット
@油分が入ってない分保湿を十分にしなければいけない
@カバー力・使用感が一般のファンデに比べ悪い
保湿力と使用感の悪さはノンケミの宿命みたいなもんですね…笑

4、ミネラルファンデの注意点
@メリットデメリットを比べてもこれは是非ともミメラルファンデを使いたい!と思ったのですが…ミネラルファンデに使われるミネラルとは、鉱物マイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛等のことです。
酸化チタンや酸化亜鉛は紫外線を乱反射させるため日焼け止めにも使われてます。ですからミネラルファンデには日焼け止め効果があるんですね。しかし、酸化チタン、酸化亜鉛は、粒子がコーティングされていないと、紫外線に当たることにより、お肌を傷める「活性酸素」が発生します…つまり紫外線が当たるとまわりの原料やお肌を酸化してしまう!!残念ながらミネラルファンデはノーコーティングのチタンを使用してるメーカーが多いのです…;;

と、いうわけでミネラルファンデを選ぶ際は非ナノ粒子かつコーティングをしている商品を選びましょう!!!

私が調べた限りですとetvosは非ナノ、酸化チタンのコーティングをしているようです。
etvos↓



お試しセットがあるので使ってみましたが、マットな仕上がりで好みだったのでetvosを使用してます。
国内ブランドで工場も明記しているし商品展開を見る限りかなり真摯に取り組んでるのがわかるので安心して購入できるのが嬉しい◎

 | HOME | 

カテゴリ

はじめに (0)
角質培養とは (1)
クレンジング選び (2)
スキンケア (2)
メイクアップ (1)
ミネラルファンデ(MMU) (2)
美容グッズ (3)
【歯列矯正】目次+金額一覧 (1)
【歯列矯正】病院選び~精密検査 (3)
【歯列矯正】床矯正 (11)
【歯列矯正】ワイヤー (20)
【歯列矯正】使用グッズ (3)
未分類 (0)
雑記 (2)

最新コメント


月別アーカイブ


リンク


スキンケアランキング


カウンター


最新記事


コスメ使用ブランド

【etvos】ミネラルファンデはここが成分的に安全かと思います。

RSSリンクの表示


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。